空飛ぶタクシー誕生へ

空飛ぶタクシーの誕生のきっかは。2025年におこなわれる大阪万博です。2025年に向けて機体を選定中で、2023年に2機導入予定です。

空飛ぶタクシーは、市内の専用乗り場から万博会場の夢洲を15分で結ぶ計画をしています。また、関西国際空港や神戸空港から万博会場を40分の遊覧飛行コースを提供しようとしています。短時間でも空を飛ぶことはワクワクすることです。

万博は国内外からの観光客がやってきます。そこに空飛ぶタクシーが登場すると、さらに注目を集めます。インバウンド需要も高まり、さらに大阪の活性化に繋がります。
空飛ぶタクシーは電動モーターで翼を回転させて、大型ドローンのように自動操縦で、2から4人を乗せることを想定しています。

近未来がすぐそこまできています。大阪の上空を自動操縦の空飛ぶタクシーがとびかっているのをみるのはもうすぐですね。