観光タクシー運転手の仕事内容について

観光タクシー運転手の仕事内容について

観光地を循環する観光タクシーの仕事について紹介します。

観光地を巡る観光タクシー

観光タクシーは観光地を巡るタクシーを指します。観光地を訪れた観光客の乗車を目的に走るタクシーとして、ドライバーは目的地までの走行だけでなく、名所の案内や周辺のおすすめスポットなどの紹介も担います。

利用料金はどのくらい?

利用料金はどのくらい?

観光タクシーは定額料金制になっており、時間ごとに一定の料金が決められています。観光バスは乗車人数ごとに料金が発生しますが、観光タクシーの場合一人当たりに料金が発生することがないのでお得に乗車することができます。事前に予約が必要となるので注意が必要です。

1日の流れはどのように決まる?

1日の流れは乗車を希望するお客様の意向をもとに決められます。お客様は名所のポイントを挙げることが多いため、ドライバーは各ポイントに合わせたルートを提案します。その他、食事処や通常のツアーでは扱われないような名所処を案内できるとお客様の満足度につながります。

観光タクシードライバーに必要なこと

観光タクシードライバーに必要なこと

観光タクシードライバーは一般のタクシー以上にお客様に必要とされる存在です。土地に精通しないお客様はガイドブックだけでは分からない点も多く、土地をよく知る人としてドライバーに期待をしているものです。お客様の期待に応えられるだけの名所の知識や穴場情報など事前のリサーチが必要となります。また、情報を分かりやすく伝えるコミュニケーション力も一般のタクシードライバー以上に求められます。近年では、外国人の利用も多くなっているので、外国語の取得もおすすめです。

観光タクシードライバーになるには?

一般的には法人で通常のタクシードライバーとして経験を積んだのちに、観光タクシードライバーを目指します。すでに述べてきたように、観光タクシーの運転手になるためには、担当する観光地エリアについての知識が必要不可欠です。また、一般のタクシー運転手以上にお客様により良い接客を期待されています。地域によっては観光タクシー認定ドライバーとしての資格試験を実施している場合があります。観光タクシードライバーとして走行したいエリアの情報をあらかじめ調べておきましょう。

最後に

観光タクシードライバーについて紹介しました。観光地といっても有名処から各自治体が紹介するマイナースポットまでいろいろな名所が各地に点在しています。歴史や文化、自然といった個人の関心をもとにドライバーとして赴きたい名所を巡ってみてはいかがですか?