東京でタクシー運転手が乗り場や付け待ちをおススメ出来ない理由

東京はタクシー運転手の平均年収が最も高い地域になります。
タクシー運転手は売上を増やすために、工夫をしなければなりませんが、乗客を探す方法として、タクシー乗り場で付け待ちをすることはおすすめできません。
ここでは、タクシー乗り場で付け待ちをすることをおすすめできない理由を解説していきます。
付け待ちは待っていれば必ず乗客がくるというメリットがありますが、待ち時間が発生してしまいます。
せっかく乗車したお客様が近距離の場合は実車時間よりも待ち時間の方が長くなってしまう可能性があります。
いわばギャンブルの様になってしまい、その時の運によって売上が左右される状態は喜ばしいことではありません。

その点、流しは乗客が乗らない可能性もありますが、工夫することで待ち時間を最小限に抑えられます。
過去の情報などから、タクシーを求めている人はどの辺りに多いのかも分かってくるため、売上を上げる工夫をする事ができます。