沖縄のタクシードライバーへの転職を考えている方へ

日本屈指の観光地沖縄県。季節に問わず多くの観光客が訪れる沖縄県のタクシードライバーについて紹介します。

沖縄はタクシーの需要が高い

沖縄には鉄道がなく、住民や観光客の交通手段は車かバスに限られています。観光地だけあり、飲み屋街の多い沖縄では地元の人から観光客までタクシーの需要が高い現状があります。また、温暖な気候から毎年スポーツ選手のキャンプ地として選ばれています。選手だけでなく、関係者やマスコミなどの来訪者がタクシーを利用することも少なくありません。

転職するなら沖縄のタクシードライバー

観光地としての産業が盛んの沖縄ですが、観光業で一定の稼ぎを獲得するのには難しい現実があります。しかし、タクシードライバーは自分の工夫次第で一定の稼ぎを得ることができます。タクシードライバーは基本給+歩合給の体制をとっている事業所が多いためです。観光ルートや地元の人のライフスタイルを上手に捉え乗車の回転を上げることで報酬をアップすることが可能です。

圧倒的にライバルが少ない

先に述べたように沖縄では鉄道が走っておらず、交通アプリなどの導入も進んでいない現状があります。モノレールの走行はありますが、一定の区間のみを走行しているため利用は限られています。従って、タクシー業界にとってはライバルの少ない絶好の環境といえます。

雇用環境の改善が進む

沖縄では、タクシーの需要が高い現状がありますが、運転手の不足によって事業所の4分の1が休業しています。従って、各事業所では雇用環境の整備に努めています。男性社員が多い業界ですが、女性ドライバーを確保するため、託児所や休憩室を整備し女性でも働きやすい職場体制を整えています。また、ドライブレコーダーの設置を義務付けることで安全面の強化を実施する事業所も出てきています。

おわりに

沖縄のタクシードライバーへの転職を考えている方へ向けた業界の現状について紹介してきました。沖縄県は年間を通した観光の街であると同時に住民にとっては交通手段が制限される街でもあります。タクシー業界にとってはお客様を獲得しやすい環境であり、業界未経験であっても業務を追行することは難しくありません。現在、ドライバーの不足問題も深刻となっています。今までのキャリアを活かしながら新天地で働いてみませんか?