大阪のタクシードライバーについて

東京に次ぐ第三の主要都市大阪。タクシードライバーの現状と働くメリットについて紹介します。

大阪はタクシーの需要が高い

大阪の人口はおよそ880万人といわれ、ビジネスマンから観光客までさまざまな人が集まる主要都市です。観光地としては大阪城天守閣やユニバーサル・ジャパン、通天閣などが有名です。国内外から多くの観光客が1年を通じて訪れる街としてタクシーの需要はとても高くなっています。イベント数の多さも特徴的です。

密集した市街地

大阪は24の行政区からなる密集した市街地を形成しており、タクシーの乗車回転率を挙げやすい立地となっています。タクシードライバーにとって乗客数を上げることは、収益を上げることと直結しているため稼ぎやすい土地だといえます。さらに、関西国際空港を拠点として日夜、多くのビジネスマンが大阪を訪れています。長距離移動の際にタクシーを利用する会社員も多くいます。

年収が圧倒的に高い

タクシーの需要に比例して、大阪のタクシードライバーは平均年収が高いというメリットがあります。全国平均と比べると、10万円以上の収益の違いがあります。また、タクシー業界では一般的な歩合制の給与体系によって、個人の工夫次第でさらなる業績を見込むことができます。タクシードライバーとして一定以上の稼ぎを求める方には魅力的な土地といえるでしょう。

大阪でタクシードライバーとして働く際の注意点について

大阪は「大阪人」という言葉があるように、対人関係において常にハードなコミュニケーション力が試されています。タクシードライバーに対しても、同じようなコミュニケーションを求めるお客様が多いため、大阪特有の会話に対する免疫を強くする必要があります。また、せっかちな人が多い点も注意が必要です。走行時には割り込みや急な横断の可能性を考慮し余裕をもった運転を心がけましょう。

おわりに

大阪はタクシードライバーにとって大変稼ぎやすい土地です。ビジネスマンから観光客、近年では外国人観光客の利用も高まっています。大阪ならではのコミュニケーションや流動性を楽しみながら業務を行える方はぜひ、タクシードライバーとしての就職をおすすめします。